スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相動静(5月27日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

<若年認知症>全国組織が発足 家族会など23団体が参加(毎日新聞)
北海道アイヌ協会 加藤理事長が辞意 「健康上の理由」(毎日新聞)
<事業仕分け第2弾終了>不要法人に抑止力/被告人席にいるよう/単純化で解決ならぬ(毎日新聞)
両陛下 全国植樹祭に出席、苗木を植樹 神奈川・南足柄(毎日新聞)
自公両党、26日に赤松農水相不信任案提出へ(産経新聞)
スポンサーサイト

譲れない線はどこなのか―特養・個室ユニットの行方(4)(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は4月16日の閣議後の記者会見で、特別養護老人ホーム(特養)のユニット型施設の1人当たりの居室面積基準を、現行の13.2平方メートル(約8畳)以上から多床室と同水準の10.65平方メートル(約6畳)以上に引き下げる方針を示した。
 個室ユニット化の推進と基準引き下げによって定員を増やすのが狙いで、6月にも開かれる社会保障審議会介護給付費分科会に諮問し、答申を受けて速やかに省令の改正を行う考えだ。
 だが、果たしてこの施策が個室ユニット推進につながるのだろうか―。

進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声-特養・個室ユニットの行方(1)
一度建てれば30年間縛られる-特養・個室ユニットの行方(2)
貧しい人員配置、現場へのしわ寄せどう防ぐ-特養・ユニットケアの行方(3)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識
ユニット型特養への融資、25年償還に―福祉医療機構

 特別養護老人ホーム同和園(京都市)の橋本武也園長は、この施策に異を唱える。居室面積基準を引き下げたからといって、個室化が進むことはないという。「少しは歯止めが掛かるかもしれないけど、結局は多床室と個室を併用して建てられる基準は変わっていない。多床室はどんどん広がる」。
 本当に70%の整備目標を達成しようとするのなら、通知などではなく、老人福祉法を改正すればいい話という。
 橋本氏は地方自治体に多床室の併設が広がった理由を、特養建設のための補助がそれまでの地域介護・福祉空間整備等施設整備費交付金から、2007年度から地方交付税交付金に変わったことが大きいと説明する。
 それまでは個室でなければ、地方自治体への国庫補助は認められない状況だったが、国から財源が移ったことで整備の権限も地方自治体に移り、「たがが外れた」(橋本氏)という。
 橋本氏は果たしてこの施策で、利用者の居住費の負担が軽くなるのかと疑問を抱く。居室面積を小さくすれば建設コストは下がるが、居住費が変わらないのであれば、事業者の利益が増えるだけではないかという。
 また、特養の整備が原則個室ユニットとされた03年からこれまでにオープンした個室ユニット施設は、13.2平方メートルの基準に従って建設し、多額の借金も背負ってきたという。
 今回の緩和措置によって、新たに施設を建てる場合に建設コストは安くなるほか、福祉医療機構からの融資の返済期間も20年から25年に延長されるなどの優遇措置も始まっている。橋本氏は、皆が個室ユニットを造らなくなったからと基準を下げるやり方は、「差別的」ではないかと訴える。
 橋本氏は、今回の改正は特別区の東京23区に限ってモデル事業のような形で行うべきといい、全国一律での実施に反対する。大都市部には土地確保の難しさや地価などの問題があるが、全国同じ基準で引き下げるとすれば、整合性が取れないとしている。
 また、これまで拡大してきた居室面積の基準が一転して小さくなったことも時代に逆行するといい、厚労相はそもそも13.2平方メートルの居室面積基準の根拠を説明すべきと主張する。

 長妻厚労相は個室ユニット型推進を堅持する方針を示し、これまで通り70%以上の整備目標を目指すとしている。しかし、居室面積基準を引き下げたとしても、約42万人とされる特養待機者をどの程度入居させるのかといった方策は見えてこない。
 またハードだけでなく、利用者と職員の安全のためにも、人員配置基準の見直しも大きな課題になるはずだ。
 当然、それらには財源の問題が立ちはだかる。

 個室ユニットの問題は、これから先、親に介護が必要になった場合、もしくは自分が高齢になり介護が必要になった場合に、何が譲れない線なのか、さらにはどれくらいの負担が必要なのかを問うているのではないだろうか。これに対し、国はこれだけのサービスができるということを示さなければ、年金不信の二の舞いにならないだろうか―。
 これはもちろん、介護に限った問いではないだろう。団塊の世代が後期高齢者となる2025年は決して遠い未来ではない。

(この連載は大戸豊が担当しました)


【関連記事】
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声-特養・個室ユニットの行方(1)
一度建てれば30年間縛られる-特養・個室ユニットの行方(2)
貧しい人員配置、現場へのしわ寄せどう防ぐ-特養・ユニットケアの行方(3)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識
ユニット型特養への融資、25年償還に―福祉医療機構

「お経を上げるため」奈良・東大寺の法具盗む(読売新聞)
マンションで男性2人刺され死亡 通報した男逮捕へ 大阪(産経新聞)
<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)
小掛照二さん 東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
中小医療機関での医療安全で「院長のリーダーシップを」(医療介護CBニュース)

<天気>GW好天 東京は25年ぶりに1ミリ以上の雨降らず(毎日新聞)

 気象庁によると、ゴールデンウイーク(GW、4月29日~5日)は全国的に晴天に恵まれ、東京では85年以来25年ぶりに1ミリ以上の雨が降らなかった。最終日の5日は、本州内陸部を中心に44地点で真夏日(30度以上)を観測、東京も27・6度まで上がった。

 高尾登山電鉄によると、期間中、東京都八王子市の高尾山(標高599メートル)には、ケーブルカーを利用した人だけで約10万人(昨年のGWは約7万人)が訪れ、新緑を楽しんだ。6日も引き続き好天に恵まれ、3600人余りが登った。

 気象庁によると、7日は前線を伴った低気圧が通過する影響で、全国的に天気が崩れるが、8~9日は全国的に高気圧に覆われ、気温も平年を上回りそうだ。【松本惇】

【関連ニュース】
強風:100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛
日照時間:4月の観測史上最少に 仙台市などで9地点
真夏日:各地で記録、広島・加計では30.7度
こいのぼり:全長100メートル 埼玉・加須
鳩山首相:万博日本デーに合わせ訪中 胡主席への親書で

ブレたくない?首相の「ぶら下がり取材」短く(読売新聞)
今年最大、400円超の下げ=円高、欧米株下落で全面安-東京株(時事通信)
スノボで大けがを負わせた男性に無罪判決(産経新聞)
医師も参加し路上喫煙禁止の啓発(産経新聞)
聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件-神奈川県警(時事通信)
プロフィール

ミスターみつまさのぎ

Author:ミスターみつまさのぎ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。